山辺先生による大工工務店の会第3回構造勉強会

構造設計で有名な山辺先生をお招きしまして、今年度の第3回大工の構造勉強会がおこなわれました。

あのベストセラーになった書籍も出されている建築業界では知らない人がいない有名な先生です。

前回、大工工務店の会のメンバーで構造実験を行ったのですが、その結果を踏まえて様々な耐力壁や仕口で注意する点、人工乾燥材と天然乾燥材に関する事、耐震等級について何を考えなければならないか、壁倍率だけで考えると耐力壁は安全ではないなど、構造計算だけでは決して判断してはいけない耐震のポイントをご指導いただけました。

大工と一緒にお客様へさらに良い構造計画がご提案できるよう日々努力を重ねていきたいと考えております。

木造住宅補助金(地域型住宅グリーン化事業)

今年も住宅補助金の地域型住宅グリーン化事業のエントリーがはじましました。

長期優良住宅で110万円ゼロエネルギー住宅で140万円、など住宅の補助金としましては最大級の制度です。

エントリー受付期間は7月11日〜29日までとなっております。

ただ、とても人気がある補助金ですのですぐにいっぱいになってしまうと思います。

詳しい内容をお聞きになりたい場合は、お問い合わせください。

横浜市長津田の共同住宅着工中です。

長いお付き合いをさせて頂いておりますOBのお客様からご依頼を頂きました共同住宅の新築工事が着工しております。

述べ床面積150坪の大きな共同住宅です。

丸晴大工集団が8名現在入って仕事をしてますが、どこに誰がいるかわからない…(°_°)

大きいなーと今日改めて感じました。

みんなこの数日の暑さでさらに肌が黒くなり若い大工は特にイケメンになってました。😊

ショールームに行って思った事

現在新築中のお客様と家具や仏壇を見るためにショールームをまわりました。

新築のお家に新しく購入したい家具の代表として

①ベッド

②ソファー

③ダイニングテーブル

④ダイニングテーブルの椅子

⑤子供の家具

これを全て一流の高級な家具で揃えると恐ろしい金額になります。

初めから全て揃えられるのは一番いいですが…(^^;)

せっかく新築なので、と思いますが予算もあります。


これはあくまでも私の考えなのですが(自分の家具の買い方)

この子(家具)と一生共にするかどうかをまず考えます。

一生共に過ごせる家具は、大体高価なものが多いですが、例えば40年共に過ごせそうな家具でしたら投資してもいいかなーとか考えます。

そう考えると少し金額が違く見えてきます。

いい素材のもの、作っている職人さんが手間がかかっているものは、金額が高くなって当たり前ですね。

ですが、こういった家具程長年使っていると味になり、可愛くなってくるものだと思います。

そうではなく一時的なものだなーという家具には中途半端に金額をかけず、とても安くデザインが良く使い勝手もそこそこな物を探しまくります。(色々なお店に足を運んでます。)

お金に将来余裕が出てきたら、一生お付き合いできるものを少しづつ買い貯めていきたいと考えております。

家具選びで悩まれた場合、何でもご相談ください。😊

地元の中学生が来られました。

川崎市マイスターになっている社長は、川崎市からの要請もありボランテイアで小学校、中学校の生徒に講義をする機会がとても沢山あります。
去年は十数校講義をしてました。

今年で82才になりますが、社会貢献をこの年齢でもしている社長をとても誇らしく感じております。

本日も地元の中学生が丸晴工務店に来て、木の事やものづくりの楽しさを勉強しておりました。

1