HOME > 施工例 > 新築 > まるたの家

外壁は全て秋田杉を張りました。片流れ屋根には京都の北山杉の丸太が見えます。 軒を出して、落ち着いた雰囲気にしました。 この敷地に当初からあったもみの木を残し、家といい関係性をつくりました。 大きな土間がある玄関。床は大磯の洗い出し仕上げ。 大きな土間と居間とダイニングがつながってます。 土間は引戸により仕切ることができます。 居間や玄関には1.8mの片引き窓があり、開放的なデザインにしました。 居間は、丸晴工務店が得意としている丸太を使ったデザインです。 2階に上がる階段。スチールの手すりが空間のアクセントになってます。 居間は和室と隣接した間取り。 モダンなデザインの和室です。 障子を開くと居間越しに、座っていても庭が見えます。 家具は全て大工の手作りです。 大工が作ったダイニングテーブル。 洗面脱衣室からは木の塀で囲まれた物干し場へ行けます。 ハーフユニットの壁と天井は桧材で製作。桧のいい匂いが漂ってます。 キッチン廻り。 廊下には壁厚を利用した本棚を備え付けました。建物の端から端まで視線が抜けます。 間接照明で落ち着きを演出した寝室。 大きなウォークインクローゼット。 北山杉と板張りの勾配天井。 とても開放的な吹き抜けです。間接照明がいいアクセントになってます。 鵠沼海岸の街並みに安らぎを与えてくれる家です。

まるたの家